ガミースマイルも解消

診察

笑顔に自信が持てる

笑顔になったとき歯茎が出てしまう「ガミースマイル」に、コンプレックスを感じている人も少なくありません。骨格・歯茎が歯を覆いすぎている、唇が上へと開き過ぎると起こりやすく、歯茎が大きく見えることから笑顔に自信が持てないなどメンタル面への支障が出る場合もあります。ガミースマイルが気になって笑うときも手で口元を隠してしまう・・という人は、ボトックス治療を検討してみてはいかがでしょう。ボトックス注射は表情ジワを解消するアンチエイジング術として有名ですが、実はガミースマイルを解消する効果にも優れています。上唇の上げ下げをコントロールしている上唇挙筋郡に、筋肉の動きを弱める作用のあるボツリヌス製剤を注入し、ガミースマイルを改善するという治療です。上唇挙筋郡という筋肉が動きにくくなるので結果的に、唇が上へと大きく開きすぎるのを改善しガミースマイルも目立たなくなるという仕組みです。メスを使わずに注射器でボツリヌス製剤を注入するだけの、簡単な治療なのでガミースマイルが気になる人も、チャレンジしやすいでしょう。手軽なプチ整形として人気のボトックス治療ですが、施術を受けるにあたり「副作用」が気になるという人もいるのではないでしょうか。ボトックス治療の場合、信頼できるメーカーが製造したボツリヌス製剤を選び、技術力の高い医師による施術であれば基本的に、副作用を心配する必要はありません。しかし、どのような治療であっても副作用は全く起こらないということはなく、ボトックス治療の場合も施術後に倦怠感を訴える人もいるようです。風邪をひいたときのようなだるさや、頭痛といった症状が起こるケースがあり、倦怠感の度合いは個人差が大きいと言われています。軽い倦怠感で済む人もいれば発熱をしたり、吐き気を感じたりするといった症状が出る人もいるので、もしボトックス治療後にこのような症状を感じる場合は、副作用を疑いましょう。ただ、副作用といっても風邪のような倦怠感が起こるのは一時的なもので、ほとんどの人が数時間安静にしていれば回復します。さほど重い副作用ではなく安静にすれば、わずか数時間程度で回復する副作用ですので、過度に心配しないようにしましょう。